歯周病・インプラント専門歯医者「大阪歯周インプラントセンター(大阪市北区梅田、東大阪市徳庵本町)」

 


大阪駅前 マルビル診療所
大阪市北区梅田1-9-20  マルビル2F
TEL: 06-6346-0301
JR学研都市線 徳庵駅前診療所
東大阪市徳庵本町1-12
TEL: 06-6744-1300

(有)大阪歯周インプラントセンターは正式登記された有限会社(特例有限会社)
 であり、医療法人 白鵬会は医療部となっています。

 当院は平成26年(2014年)に開業100周年を迎えました。

モバイルサイト
梅田歯医者QRコード携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい。
HOME»  Q&A

歯周病

歯周病についての詳しい説明はこちら

Q なぜ歯周病で歯が抜けるの?

30歳を過ぎた成人の歯が抜ける原因の9割は歯周病です。
また、55歳から65歳の間に日本人の2人に1人は入れ歯になっています。歯周病とはいったいどんな病気なのでしょうか。何が原因で、どのようにして起こるのでしょうか。
どうやって治療すればよいのでしょうか。

歯周病は、もともと患者さんの口の中にいる常在菌と呼ばれる細菌の感染症です。この細菌は、嫌気状態(空気に触れない状態)を好むため、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる溝の中や、歯並びが悪い歯の間、そしてかぶせ物の隙間などで繁殖します。

繁殖した細菌はLPS(リポ多糖)という毒素を出します。そして、歯を支えている結合組織や骨を破壊してゆきます。組織が破壊されて、ポケットはさらに深くなり、より空気に触れない環境の中で、さらに細菌は増殖し、さらにポケットは深く・・・という悪循環を繰り返し、最後に歯が抜けてしまうのです。

歯科衛生士

▲担当の歯科衛生士が指導します

Q 歯磨きを一生懸命やっているのに歯周病になるのは?

歯周治療を、歯石除去や一生懸命歯磨きする事と思っている患者さんが多くいらっしゃいます。でもこれは間違いです。歯石は歯の表面に唾液中のカルシウム成分が、石のようになって付着したもので、歯石自体は細菌ではありません。除去することで歯の表面が滑らかになり、プラークをつきにくくする効果はありますが、歯周病の細菌を除去しているのではありません。

歯磨きは、むし歯の原因菌の除去にはなっても、歯周病の直接の予防にはなりません。歯周病のごく初期の段階では、歯磨きも有効です。しかし歯ブラシの毛先はポケットの深さ2ミリまでしか到達しないことが実験の結果わかりました。2ミリ以上の深さになると、歯周病科で専用の器具を使ってポケット内を消毒しなければ細菌を除去できません。4ミリを越えてしまった場合は、メスを入れて歯肉を切開して、健康な歯肉の状態に近づける手術が必要です。

スケーリング前 スケーリング後
▲スケーリング前 ▲スケーリング後

Q 歯周病ってどんな治療をするの?歯周手術って?

歯周病の原因は細菌です。この細菌が繁殖できない健康な環境に口の中を変えてゆくのが歯周治療です。毎日食事をすると、そのつど口の中は汚れます。歯磨きはもちろんのこと、歯周病菌を毎日清掃で除去しなくてはなりません。これは歯周治療を行う上で毎日やらないといけない事です。しかし、歯並びが悪かったり、かぶせ物が合っていなかったりすると、清掃器具は入りません。

また歯周ポケットも深くなると清掃器具の毛先が届きません。このような状態を、清掃器具が届く健康な状態に変えてゆくのが歯周治療です。かぶせ物を清掃しやすい形や材料に変えます。歯並びが悪い場合は、歯列矯正が必要です。深いポケットは歯周手術をして健康な歯肉に近づけます。
歯周病の治療には口腔外科と矯正の専門知識が不可欠なのです。

スタッフ

▲当センターの手術スタッフ

Q テレビで宣伝しているうがい薬や薬用の歯磨き粉は効果があるの?

歯周病の細菌は、薬を使わなくてもブラシの毛先でかき出すだけで、簡単に死んでしまいます。なぜかと言うと、歯周病の原因菌は、嫌気性菌(けんきせいきん)と言ってCO2(二酸化炭素)を使って生きています。そのため反対に空気中の酸素に触れると死んでしまいます。ですから、歯周ポケット内の細菌をブラシの毛先で口の中にかき出すだけで十分です。

しかし、深くなったポケット内に歯ブラシや歯間ブラシの毛先が届くでしょうか。毛先を根元まで挿入しないと無理です。しかし、こんなことは不可能です。ポケットを浅く、健康な状態に戻すことが必要です。つまり、歯周病で深くなったポケット内の細菌に対しては、薬や薬用の歯磨き粉は必要ありませんし、使っても効果はありません。
大切なのは、清掃器具で直接細菌を除去することです。

衛生管理

▲正しい口の管理が必要です

Q 歯ぐきのマッサージって効果があるの?

マッサージと言うのは、ご存知のように筋肉に対して行うものです。
歯や歯肉には筋肉はありませんので、歯肉に歯ブラシでマッサージを行ってもまったく意味がありませんし、効果も期待できません。
大切なのは、歯と歯の間や歯周ポケット部に清掃器具を到達させて、プラークを除去することです。
清掃器具の毛先を到達させる場所が重要です。
 

Q 歯槽骨再生手術って?

再生医療とは、患者さんの体の失ってしまった、部分の臓器を患者さんの体自身の再生能力で元に戻す治療です。

歯が抜けてしまうと、その部分の骨が失われ、大きな穴があいてしまいます。しかし再生手術を用いると、下の写真のように、人工歯根のインプラントとともに失われた骨も再生することができます。詳しくは、当センター再生医療の専門医にご相談下さい。

歯槽骨再生手術 歯槽骨再生手術  

▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨が
ありません。
(白い部分が骨です)

▲骨再生後(約3年後)
患者さん自身の骨が再生しました。
骨が無くてもインプラントは可能です。

 

歯槽骨再生手術 歯槽骨再生手術 歯槽骨再生手術

▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨が
無く、インプラントが露出しています。

▲骨再生の方法
特殊な膜を使って(GBR法)、
患者さん自身の骨を再生します。

▲骨再生後(3ヶ月後)
患者さん自身の骨が再生しました。

 

歯周病と全身疾患


Q 歯周病と全身疾患との関わりは?

歯周病が進行すると、糖尿病や狭心症・心筋梗塞・誤嚥性肺炎など様々な全身の病気を悪化させることが分かってきました。
糖尿病が歯周病を悪化させることは以前から知られていましたが、歯周病が糖尿病を悪化させることも指摘されています。また歯周病が進行すると歯周病の細菌や代謝産物が血管から心臓などの臓器に運ばれ心臓疾患を引き起こすことも分かってきました。また高齢者や寝たきりの体力の低下している方は、歯周病の細菌が肺に入りやすく肺炎を起こす危険性が高くなります。このように口腔内は全身の中で最も細菌が多く繁殖するところです。口腔内を清潔にし、歯周病を治療することは、全身疾患を予防するのに重要なことです。
 

Q 歯周病が糖尿病を悪化させる?

糖尿病とは血液中の糖分を細胞に取り込むインスリンの分泌や働きが悪くなり、血液中に糖分が増える病気です。歯周病が進行するとLPS(リポ多糖)という毒素を歯周病菌が排出します。その毒素に反応して生体から多量のTNF-αが分泌されますが、このTNF-αはインスリンの働き悪くし糖尿病を進行させるのです。
 

Q 歯周病の人は虚血性心臓疾患になりやすい?

虚血性心臓疾患とは、心臓に十分に血液がいきわたらない状態です。心筋梗塞や狭心症が有名ですが、動脈硬化による冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、血液が心臓の心筋に十分いきわたらなくなり起こります。
歯周病が進行し、歯周病菌やその代謝産物や炎症物質が血管から心臓に運ばれると動脈硬化を促進すると考えられています。歯周病菌の代表的な菌であるポルフィロモナス・ジンジバーリス(Porphyromonas gingivalis)菌の分泌するジンジパイン(gingipain)は血小板の凝集を誘発し動脈硬化を促進すると考えられています。アテローム性動脈硬化症患者の血管内プラークの45%に歯周病菌であるポルフィロモナス・ジンジバーリスが検出されています。
 

Q 全身疾患のある患者さんの歯周病の治療って?

糖尿病や心疾患があっても歯周病治療の基本は同じです。原因である歯周病菌の増殖を防ぎ、出来るだけ口の中を清潔に保ちます。重度の患者さんの場合には、歯周外科手術、抜歯、かぶせ物の交換などが出来ない患者さんもあります。そのような患者さんは定期的に来院し、メンテナンス治療を継続することで疾患の進行を遅くすることが可能です。当センタースタッフに遠慮なくご相談ください。

失った骨の再生


Q 歯周病で失った骨の再生

歯周病が進行し、周りの骨が溶けてしまった患者さんから“なくなった骨を再生できますか?”とよく質問されます。

自分の歯がなくなり、インプラントで再び歯を作った場合には失った骨の再生は可能です。これはGBR(歯槽骨再生手術)といいます。一方、歯周病で歯の周りの骨が無くなった場合は、骨だけでなく歯の根の周りの歯根膜も失われています。つまりこの歯根膜を再生させなければ歯の周りの骨ももどってきません。この歯根膜と骨を再生させる治療がGTR(歯根膜再生手術)です。

GTRとGBR、よく似ていますが、再生させる組織が全く違います。GTR(歯根膜再生手術)の方がずっと難しい手術です。一度吸収してしまった歯の周りの骨を戻すのは非常に困難です。歯周病治療の大切さを分かっていただけたでしょうか。

インプラント


Q インプラントってなに?

インプラント治療とは人工臓器の移植治療です。移植治療とは病気で悪くなった心臓や肺、肝臓などに 他の人の健康な臓器を手術で移し変える治療です。移植には自分の臓器を自分の体に使う自家移植と 他人の臓器を使う他家移植とがあります。では、歯の場合も抜けた場所に他の人の歯をもらって移植し、 元通り噛めるようにすることが可能でしょうか。

医学的には可能ですが、残念ながら日本国内では兄弟や両親であっても他人の歯をもらって移植する他家移植は認められていません。自分の余っている歯を使うしかありません。多くの場合は埋まっている親知らずなど口の中で使っていない歯があればそれを利用します。

しかし、ほとんどの患者さんには、移植に利用する余っている歯がありません。それゆえに、人工の歯を利用して歯の抜けた場所に移植します。これがインプラント治療です。ですから、インプラントは人工歯の移植治療なのです。詳しくは当大阪歯周インプラントセンターに御相談下さい。


Q インプラントは怖くないの?

インプラントの手術は簡単な手術ではありません。数種類の検査が必要ですし、手術のために何度も通院が必要です。しかし、現在インプラントの手術は成功や失敗を論ずるべきレベルの手術ではありません。

インプラント治療が必要で、適した患者さんであれば、必要な検査を受け、インプラントの専門医のもとで行えば、確実に歯ができ、噛めるようになります。患者さんは、一旦失った歯を再び取り戻せるわけです。当センターでは、多くの人がインプラント治療によって噛む喜びを取り戻しています。

手術風景

Q インプラントって何年もつの?

インプラントの相談でよくインプラントで作った歯は一生持つのですかと聞かれます。
“整形外科で使用している人工関節”もインプラントと同じチタンという金属が使われています。
体の中に埋め込んでしまう人工関節でも、一般的には10~20年で交換する必要があります。普通に使っていても、骨との接合部や関節部の摩耗や疲労が生じるからです。

口の中のインプラントは、体内に埋め込んでいる人工関節よりも汚れやすく、毎日の食事や噛みしめでいつも力がかかっています。口の中のインプラントの耐久性も一般的に10年~20年と考えてよいと思います。

インプラント治療をされる患者さんには、虫歯や歯周病で歯を失った人が多いと思います。 再び歯を取り戻しても、同じように口の中を不潔にしていればインプラントの寿命は短くなります。
インプラント治療と口の中の清掃治療とはセットと考えてください。
また、インプラント治療後も定期的に通院し、診査してもらうことも必要です。


Q インプラントが悪くなる原因、長持ちさせるためには?

インプラントが悪くなる原因は、残っている歯の歯周病菌による感染であることが明らかになりました。
インプラントを長持ちさせるためには、残存歯の歯周病治療が不可欠と言うことがわかっていただけたでしょうか。
日本口腔インプラント学会日本歯周病学会の治療のガイドラインにも、インプラント手術前に歯周病治療の必要性が記載されています。

そのため、インプラントの治療後も歯周病の専門医、または歯周病に熱心な歯科医による定期的なメインテナンス治療が必要です。
当センターには、20年以上もインプラントで快適に過ごされている患者さんが数多くいらっしゃいます。
実は、20年以上も経過したインプラントの患者さんの経過を診ている専門医はごく少数です。
短い臨床経験では、長期に渡って患者さんの経過を診ることはできないからです。

インプラント治療は、元々そこにあった患者さんの歯を残すことができなかったという反省の上で行う治療です。
自分の歯を残す治療は歯周病科で行います。
これは5年、10年、20年とじっくり経過をみてゆく根気のいる治療です。
インプラントも自分の歯と同じです。長く残すためには歯周病の治療が必要です。


Q 骨がなくてもインプラントは可能?

歯を抜いた場所や骨が元々少ない場所でもインプラントは可能な事があります。再生治療と言って、患者さん自身の骨の細胞を増やす治療を併用すれば、骨の少ない場所でもインプラントは可能です。
当センターにご相談下さい。

骨再生前 骨再生後(約3年後)  

▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨が
ありません。
(白い部分が骨です)

▲骨再生後(約3年後)
患者さん自身の骨が再生しました。
骨が無くてもインプラントは可能です。

 

骨再生前 骨再生の方法 骨再生後(3ヵ月後)

▲骨再生前
インプラントを埋入しましたが骨が
無く、インプラントが露出しています。

▲骨再生の方法
特殊な膜を使って(GBR法)、
患者さん自身の骨を再生します。

▲骨再生後(3ヶ月後)
患者さん自身の骨が再生しました。


Q インプラント治療の費用は?

インプラント手術は残念ながら保険の適用ではありません。そのため、手術の費用、インプラント材料の費用、その上に被せる“かぶせ物”の費用などが保険以外の治療費として必要です。
また、骨が吸収していたり、健康な歯肉が少ない患者さんの場合は、骨や歯肉を増やす手術も必要になります。これらの手術も残念ながら保険が適用できません。
当科では各手順の費用が決まっていますので、患者さんの状態が診査できれば費用は決まります。当医院のスタッフに遠慮無くご相談ください。

インプラントの料金表はこちら>>

むし歯・ホワイトニング


Q 口臭が気になる?

健康な人でも呼気(口から吐く息)には臭いがあります。朝起きた時や空腹時には口臭が強くなります。それらとは別に、体のどこかに病気がありその症状として臭うものがあります。

原因としては呼吸器や消化器系の疾患などもありますが、ほとんどは、口の中の病気、むし歯や義歯、特に歯周病(歯槽膿漏)が原因です。口臭のほとんどは、歯周病に起因することが多いのです。

もし口臭とともに、歯肉の出血や歯の動揺、甘いものや熱いものがしみるなどの歯周病の症状があれば当センター専門医にご相談ください。

口臭治療 口臭治療
▲口臭の原因を調べます ▲専用の器具で消毒をします

Q 治療してもすぐ虫歯になる?

磨き方や使っている清掃道具に問題があるのではないでしょうか。清掃する場所によって磨き方や使う道具が違います。

歯と歯の重なった場所、かぶせ物の間、奥歯のさらに奥、そして歯ぐきの境目などそれぞれ磨き方を変えないといけません。また、使う器具も通常の歯ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)、歯間ブラシなどうまく組み合わせて使う必要があります。

衛生管理

▲正しいブラッシングで改善します

Q 虫歯は少なかったのに歯肉が悪い?

虫歯や歯槽膿漏(歯周病)の原因は細菌です。しかし、虫歯を作る細菌と歯ぐきを悪くする細菌は別々で種類が違います。若い頃に虫歯が少なく、歯医者さんの世話にならなかった人は、歯の質がよかったのではなく、虫歯の原因菌の数が生まれつき少なかったのかもしれません。

そのような人は、他の人よりも歯周病の原因菌の数が多く、歯周病になりやすい可能性があります。歯が動いて抜けそうになってからでは手遅れです。歯周病科の受診をお勧めします。

歯科スタッフ

▲担当スタッフが指導します

Q 歯が抜けました

抜けた歯を放置するのは良くありません。抜けた歯の向かい側の歯が延びてきたり、横の歯が倒れてきます。その結果は噛み合わせがおかしくなってしまいます。

放置すると顎関節症になったり、歯周病の原因になったりします。抜けた部分に歯を入れる方法はいくつかあります。義歯やブリッジ、インプラントや歯牙移植などです。一般歯科やインプラント科、矯正科などが併設されているクリニックをお勧めします。

スタッフ

▲当センターの手術スタッフ

Q 審美漂白ってどんな治療?

歯を削らずに白くする方法です。自宅で寝ている間に(5時間ぐらい)マウスピースのような歯型の中に薬を入れて、歯を白くしてゆきます。

最初の型取りのほかは、通院して行う治療はありません。通常3~4週間ほどで歯が白くなります。その間の不快症状は、ほとんどありません。また、歯の表面を傷つけることもありません。ご安心ください。当センターでは、漂白治療を行った多くの患者さんに満足いただいています。

ホワイトニング ホワイトニング
▲漂白前です ▲4週間後、漂白が終わりました

 

歯列矯正科


Q 歯並びが悪い、矯正は何歳から?

歯列矯正は永久歯(大人の歯)をきれいな歯並びに整える治療です。 この永久歯がすべて生えそろうのは小学校6年生頃から中学1,2年生の頃です。

それでは、矯正治療は永久歯がすべて生えそろってから開始するのがいいのでしょうか。永久歯を正しい位置に並べるには、その上に生えている乳歯の時から管理した方がスムーズに行く場合が多いのです。 

もし子供の歯並びが心配なら、永久歯の前歯の上4本、下4本が生えそろう(小学校1年生から3年生頃)時期に矯正の専門医に相談してみてください。治療の開始時期はもっと後になるかもしれませんが、この頃から専門医に相談し、経過観察してもらうことも 重要です。当センターでは矯正学会認定医が治療にあたります。

矯正開始前 矯正治療後
▲矯正治療前 ▲矯正治療後

Q 矯正は何歳になっても出来るの?

基本的に矯正治療は何歳になっても可能です。40~50歳で治療を開始する方もいらっしゃいます。当センターでは矯正学会の認定医が相談に応じます。またスタッフにも気軽にご相談下さい。
 

Q 歯並びが悪いと歯周病になりやすいの?

歯並びが悪くて清掃器具が届きにくい場所などは歯周病が進行しやすくなります。
八重歯のおばあちゃんやおじいちゃんてあまり見かけないでしょう。
多くは歯周病で抜けてしまう事が多いからです。叢生(乱杭歯)や傾斜歯(歯が倒れている)などは注意した方が良いかもしれません。歯周病の専門医にご相談下さい。

治療前:叢生で清掃器具も上手く入りません 治療後:清掃器具も入り歯肉の状態も安定しました
▲治療前:叢生で清掃器具も上手く入りません ▲治療後:清掃器具も入り歯肉の状態も安定しました

Q 矯正するには歯を抜く必要があるの?

歯が並んでいる顎の部分を歯槽堤(しそうてい)と呼びます。この歯槽堤の長さより並べる歯が大きければ歯を抜く必要があります。
歯のU字型のアーチを広げたり奥歯をさらに奥に動かして歯槽堤を広げて歯を抜かずに並べる治療法もあります。しかし、歯を抜かずに詰め詰めに並べると歯と歯の間の骨量が少なくなり、歯並びのアーチも広げすぎると、唇や頬側の骨も少なくなります。
このような場所に歯周病などで一旦炎症が起こると、進行が早く治療が困難になることがあります。
特に歯周病に罹患している患者さんの矯正治療は歯周病の専門医と連携をして行い、両方の視点から治療計画を立案する必要があります。

顎関節症


Q 顎関節症って?

あごの関節は左右の耳の少し前あたりにあります。指で触ってみてください。口を開け閉めする時に動くのがわかります。あごは前、横、斜めといろいろな方向に動きます。

また、強い力で噛むこともできます。このような複雑な動きができるのは、口をあけたり閉じたりする合計8個もの筋肉が作用しているからです。顎関節症はこれらの筋肉、関節そして噛み合わせなどのバランスが崩れ、あごの運動時に関節とこれらの筋肉がうまく連動しないことが原因でおこります。

治療は、これらの原因が何かを検査し、調べることから始めます。患者さんの症状によって、治療内容が変わります。当センターでは口腔外科の専門医が治療を行います。

顎関節症

▲病気の原因を専門家がわかりやすく説明します

Q あごが開きづらい?

口を開けるのには開口筋という4個の筋肉が働きます。これらの筋肉はあごの下からのど仏の付近に走行しています。口の中の歯やはぐきが腫れて、炎症がこれらの筋肉に及ぶと口が開きにくくなります。また、顎関節症でこれらの筋肉、関節そして噛み合わせなどのバランスが崩れると口が開きにくくなることがあります。口が開きにくい状態を放置しておくと、筋肉が硬化して、開きにくい状態で固まってしまいます。

原因が何かを検査し、治療が必要です。当センターでは口腔外科の専門医が治療を行います。

治療スタッフ

▲原因を検査することが大切です。

Q 口を開け閉めすると音がする?

あごの関節は左右の耳の少し前あたりにあります。この付近に音がするようなら、顎関節症の疑いがあります。顎関節症は口を開けたり、閉めたりする筋肉の痛み、そして口の開閉時の関節部の音、そしてあごの運動障害を主症状とする病気です。治療は、これらの原因が何かを検査し、調べることから始めます。患者さんの症状によって、治療内容が変わります。当センターの口腔外科の専門医に御相談下さい。

治療スタッフ

▲当センターの検査をすすめます

Q あごが痛い?

あごの関節は左右の耳の少し前あたりにあります。指で触ってみてください。口を開け閉めする時に動くのがわかります。あごは前、横、斜めといろいろな方向に動きます。また、強い力で噛むこともできます。このような複雑な動きができるのは、口をあけたり閉じたりする合計8個もの筋肉が作用しているからです。顎関節症はこれらの筋肉、関節そして噛み合わせなどのバランスが崩れ、あごの運動時に関節とこれらの筋肉がうまく連動しないことが原因でおこります。治療は、これらの原因が何かを検査し、調べることから始めます。患者さんの症状によって、治療内容が変わります。当センターでは口腔外科の専門医に御相談下さい。

治療スタッフ

▲病気の原因を専門医がわかりやすく説明します

 

歯ぐきの異常


Q 歯がぐらぐらする?

歯周病がかなり進んでいる可能性があります。歯が動く理由は、歯周病の感染によって歯の周りの骨が吸収して溶けてしまっているからです。当センターの歯周病科での検査をお勧めします。

歯周病についての詳しい説明はこちら

Q 歯肉から出血する?

歯周病がかなり進んでいる可能性があります。出血する理由は、その場所に血液が多く集まっているためです。血液中には白血球やマクロファージなどの細菌を攻撃する成分が含まれています。感染を起こして細菌が繁殖している部分には、これらの細胞が多く必要なため血液が多く流れ込みます。

流れ込んだ血液は細菌と戦って、細菌と共に口の中に出てきます。これが歯肉からの出血や膿です。歯肉から出血すると言うことは、歯と歯肉の間の歯周ポケットという溝の中に、多くの細菌が繁殖している証拠です。まずは、当センターの歯周病科での検査をお勧めします。

治療スタッフ

▲病気の程度を検査します。

Q 歯肉がはれている?

歯の根の中が化膿している、またはその部分の歯周病がかなり進んでいる可能性があります。腫れる理由は、感染を起こして細菌が繁殖すると、そこに、白血球やマクロファージなどの細菌を攻撃する成分が血液から運ばれてやってきます。

これらの細胞が細菌と戦っていると、その部分が腫れてきます。そして最後に、細菌をやっつけた細胞が細菌と共に口の中に出てきます。これが膿です。当センターで検査し、原因の治療を歯科または歯周病科でお受けください。

治療スタッフ

▲病気の原因と治療方法をわかりやすく説明します

Q 歯肉が下がってきた?

歯ぐきがやせる原因ははいくつかあります。ひとつは歯周病が進行して骨とともに歯ぐきが減ってきているためです。これは、歯周科での治療が必要です。二つ目の原因は歯並びです。歯の根の位置が顎の土手の中央から外れた位置にあると歯ぐきが退縮しやすくなります。これは、矯正科と歯周病科の治療が必要です。

その他にも乱暴な歯磨きによる傷なども考えられます。検査をして原因を除去することが大切です。当センターでの検査をお勧めします。

治療スタッフ

▲病気の原因と治療方法をわかりやすく説明します