歯周病・インプラント専門歯医者「大阪歯周インプラントセンター(大阪市北区梅田、東大阪市徳庵本町)」

 


大阪駅前 マルビル診療所
大阪市北区梅田1-9-20  マルビル2F
TEL: 06-6346-0301
JR学研都市線 徳庵駅前診療所
東大阪市徳庵本町1-12
TEL: 06-6744-1300

(有)大阪歯周インプラントセンターは正式登記された有限会社(特例有限会社)
 であり、医療法人 白鵬会は医療部となっています。

 当院は平成26年(2014年)に開業100周年を迎えました。

モバイルサイト
梅田歯医者QRコード携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい。
HOME»  診療所紹介

大阪ペリオインプラントセンターの治療方針

 抜けたところに、歯を造るインプラント治療技術は大きく進歩しましたが、かけがえのない患者さんの歯を少しでも長持ちさせることが私共の治療方針です。インプラントや義歯のお世話にならないためにも、自分の歯があるときから口腔内をあらゆる手段で管理することが大切です。

  人生50年の昔と違って、平均寿命が世界一となった長寿国、日本の患者さんの口腔内を管理していくためには、あらゆる診療科との連携と技術が必要なのです。

  大阪歯周インプラントセンターではインプラント歯周治療を中心に、歯列矯正審美歯科など多くの診療科と最新の設備とスタッフを配しております。

阪本歯科スタッフ

 

大阪駅前 マルビル診療所

大阪駅前 マルビル診療所


  日・祝
AM 10:00~PM 1:00 ×
PM 2:00~PM 6:00 × ×

土曜日のみ診療時間は、AM 9:30~12:30です。
予約制のため、患者様が待合室でお待ちいただくことはありません。
安心して、予約をお取り下さい。(ただし、急患は随時診察いたします。)

外観 待合室
玄関

桜
 

JR学研都市線 徳庵駅前診療所

JR学研都市線 徳庵駅前診療所


  日・祝
AM 10:00~PM 1:00 × ×
PM 2:00~PM 7:00 × ×

予約制のため、患者様が待合室でお待ちいただくことはありません。
安心して、予約をお取り下さい。(ただし、急患は随時診察いたします。)

レントゲン室 診療室 セミナー室
 

大正3年開院から

当医院の歴史は古く、大正3年に旧国鉄片町沿線で最初の歯科医院として、現在の東大阪市徳庵駅前に 初代院長によって開設されました。

その後、幾多風雪を乗り越えて地域の歯科医療に貢献してまいりました。
しかし、増加する患者さんと遠方よりご来院の患者さんの要望もあり、昭和51年に交通の便利のよい大阪駅前にマルビル診療所を開設しました。

当時は、義歯の患者さんが多くいらっしゃいました。歯がなくなってしまって義歯を使っているが、気持ち悪い、ゆるく落ちてくる、噛めないなど不自由を訴える患者さんが多くいらっしゃいました。現在ではよく知られているインプラントという治療法も当時の患者さんには、まだまだ聞きなれない言葉でした。1975年頃の話です。

大正3年から

 

100周年記念式典(2014年4月5日 大阪国際会議場)

 阪本歯科医院の100周年記念講演会・懇親会を4月5日に大阪国際会議場の12階のレストラングラントックにて開催しました。
 お忙しい中、式典にお越し頂きました皆様、お祝いの花や祝電を頂戴しました皆様、また都合でご出席が難しいにもかかわらず、お祝いのお言葉をくださいました皆様、本当にありがとうございました。
 初代院長の祖父、阪本義太郎、2代目の父、阪本義樹から3代に 渡り、多くの皆様に支えられてきました100年です。
 この感謝の気持ちは一言ではいい表せません。
 お世話になりました皆様のお名前やお気持ちは、今後も阪本歯科の宝として代々引き継いでまいります。
 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。




会場

受付スタッフ

受付

司会 松本

院長挨拶

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

ご来賓の皆様

院長から副院長へ感謝の花束

御座席表

 

治療の安全性

 当センターでは、患者さんにより高い治療を提供するため世界規格であるISO 9001を取得しています。これにより、当センターの治療はもちろん、診療器具や検査設備、医療安全管理も常に高い品質を維持していることが認定されました。

 かけがえのない患者さんの歯を少しでも長持ちさせ、患者さんのQOL(Quality of Life)を口腔健康管理を通して向上させることが我々の目標です

ISO9001:2015

当センターでは、患者さんに高いレベルで安全な治療を提供するため世界規格であるISO9001:2015を取得しています。 ISO9001:2015を取得するには毎年、第三者機関からの審査を受けて合格する必要があります。審査は他診療所の歯科医を含めた複数の審査員によって行われ、診療システムから医療機器管理、医療安全管理など細部に渡って調査されます。 当センターはISO9001:2008を2004年に取得しました。2017年にはISO9001:2015への移行審査に合格しまました。 これにより当センターの治療システム、診療器材や検査設備、医療安全管理が常に高い品質を維持していることが認定されています。治療器具はもちろん、歯を削る機器(タービン)からコップやエプロンまで患者さんごとに滅菌交換されています。安心して受診ください。
かけがえのない患者さんの歯を少しでも長持ちさせ、患者さんのQOL(Quality of Life)を口腔健康管理を通して向上させることが我々の目標です。

2017年12月9日 ISO9001-2008から最新版のISO9001-2015への移行審査が終了しました。
本年度で14回目の審査になりますが、今回はISO9001-2015への移行審査のため、新たに追記された、リスク管理や内外部への課題など、その他のシステムの様式も大きく変わったため 苦慮しました。本システムを運用して14年になりますが、患者さんへ安全な医療と質の高い医療を 提供するためにもマネジメントシステムは大切です。もちろん、これらのシステムを管理し運用するのは当院スタッフです。ありがとうございます。

ISO9001:2015の審査
全体会議から始まります。

ISO9001:2015の審査
診療時間内に業務内容のチェックです。

ISO9001:2015の審査
受付周りは特に時間をかけて審査されます。

ISO9001:2015の審査
無停電装置の審査

ISO9001:2015の審査
質問に答えるスタッフも少し緊張

ISO9001:2015の審査
記録も念入りに審査されます。

これらの写真は審査員の了解の下に掲載しています。


ISO9001:2015の審査

2016年11月26日 本年度のISO9001-2008の更新審査が終了しました。
本年度で13回目の審査になりますが、来年度はISO9001- 2015年度への移行します。
本システムを運用して13年になりますが、医療においてもマネジメントシステムは益々重要になります。
これらを確実に管理し運用してくれているスタッフにはいつも感謝です!ありがとうございます。

ISO9001:2015の審査

2015年11月21日 本年度のISO9001-2008の更新審査が終了しました。
今年は3年に1回の更新審査の年度になりますので少し時間が長くなりました。
本年度で12回目の審査になりますが、ISO9001- 2015年度への移行は次年度以降になりました。
今回はマスコミでも話題になりました、感染予防対策なども審査対象となりました。
今後も患者さんが安心して診療を受けられる安全で、より質の高い医療を目指して頑張って参ります。

ISO9001:2008の審査

2014年12月13日 本年度のISO9001-2008の定期審査が無事に終了しました。
取得後、本年度で11回目の審査になります。来年度からISO9001- 2015年度に移行します。リスクアセスメントや医療安全に重複する項目の審査が追加されるようです。
ISO9001-2008 導入の目的は、医院自ら定めた目標を達成するために全スタッフで安全な精度の高い医療マネジメントシステムを構築することにあります。
より質の高い医療を目指して今後も頑張って参ります。

ISO9001:2008の審査
2012年11月24日 東大阪診療所2Fセミナー室にて、本年度のISO 9001:2008の審査が終了しました。
2004年に取得後9回目の審査です。

ISO9001:2008の審査
2011年11月12日 本年度のISO 9001:2008の審査が終了しました。
当センターの医療安全管理を含む診療システムの高い安全性が認められました。本年度で8年目の審査です。

ISO9001:2008の審査
ISO9001:2008を取得して6年目を迎えました。
2009年11月21日、6回目の審査が無事に終了しました。

ISO9001:2008の審査
審査は歯科医を含めた複数の審査員によって行われ、診療システムから医療機器管理、医療安全管理など細部に渡って調査されます。

ISO9001登録証